カウンタ

696142人目です
2013/11/1~開始 2013/12/17に1000人 2014/4/1に1万人、2015/11/24に10万人突破!₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

来校時のルール


卒業生のみなさんへ
東中へ来校の際には、こちらをお読みください。
来校時のルールについて.pdf
 

いじめ防止


本庄東中学校いじめ防止ガイドライン
 

お知らせ

このサイトに掲載されている記事、写真等の著作権は、本庄市立本庄東中学校に帰属します。無断転載を禁止します
 

ゆるキャラグランプリ
      応援してね!
僕をクリックすると、投票ページにリンクするよ!
 

緊急情報

 
表示すべき新着情報はありません。
H30校長室より
123
2018/06/19new

6月「諏訪町いきいきサロン」開催:校長室より

| by:本庄市立本庄東中学校




 6月14日に本校多目的室にて「「諏訪町いきいきサロン」が開催されました。
 今回は「フルート演奏・ピアノ伴奏付」です。
 フルート奏者として:安野あい(やすの あい)氏 
 ピアノ伴奏として:石渡由恭(いしわたり ゆき)氏
のお二人が招かれ、見事な演奏を披露してくれました。「リンゴの唄」に始まり、「愛燦燦、ふるさとの四季(なつかしの唱歌)、EARTH、花、コンドルは飛んでいく、愛の賛歌、上を向いて歩こう、ふるさと」、名曲の数々。時には会場みんなで合唱しました。フルートだけでなく、和楽器の篠笛も一緒に披露されています。安野さんからは、「最近は、神社仏閣めぐりを趣味とし、篠笛など、和楽器の良さにも注目し、和洋折衷をめざしています」とのお話をいただきました。
 その後、健康体操(はにぽん体操)、お茶会と進む、和やかな会でした。80数名の方々が参加し、本庄ケーブルテレビさんも取材に訪れました。次回は7月12日(木)の予定です。
11:36 | 投票する | 投票数(3)
2018/06/06

お便り有難うございます!校長室より

| by:本庄市立本庄東中学校




 たった今、「台町一市民」より、と記された、地域の方からの丁寧なお手紙をいただきました。紹介いたします。

「周りの木々も緑になり、さわやかな気持ちになります。
過日、「本庄東中だより№2」(5/10号)を読ませていただきました。(回覧)その中で校長先生が「心を磨く」事を書いておりました。私は八十代を迎えましたが、生活の中で食事の片付け、家の中、外の掃除ができることは「心を磨く」大きなことかと思っています。特にトイレ掃除など、掃除できる人は心の豊かさ持っていると思います。
 私は八十代を迎えていますが、小さい時から父親に廊下や窓拭き、内外の掃除について厳しく言われました。父は、養蚕で祖父が失敗し、貧乏になり、麦わらの家に住んでいましたが、綺麗にすることに厳しかったように思います。新しい家に住むようになっても同じでした。不思議なのは、掃除をすることから、他人に対しての思いやりができたことです。七十年以上たっても厳しい父のことは忘れません。掃除ってすばらしいと身をもって感じています。これからも足腰が動くまで心を豊かにする掃除をしたいと願っています。
 東中の「学ぶ」中に、掃除について触れていただければうれしいです。東中の皆さんが、いい思い出を残せる学校生活を送ってほしいと願っております。「本庄東中だより」を楽しみにしている者の一言感想です。
 「本庄東中だより」愛読者より

 本来ならば、お礼のお手紙を書かねばならないのですが、お名前もご住所もなく、叶いません。大変失礼かと存じますが、ご丁寧なお手紙へのお礼を、この場を借りて申し上げます。お手紙、ありがとうございます!
 毎月15自治会の自治会長様に、学校だよりの地域への回覧をお願いに伺うと「ご苦労様」とか「大変ですね」という労いのお言葉をいただきます。こちらこそ、毎月地域への回覧をありがとうございます。回覧していただくお蔭で、地域の方々に読んでいただいたり、このような有難いお手紙までいただき、恐縮です。

 「本庄東中だより」愛読者 様
 丁寧なお手紙ありがとうございました。毎月、本庄東中だよりをお読み頂き、ありがとうございます。お手紙の内容、大変感動いたしました。これからも、折に触れ、掃除のこと、心を磨くことを学びの中に取り入れていきたいと思います。愛読者様も是非本校の掃除の様子をご覧に、ご来校ください。掃除の時間帯は午後1時25分~40分です。事前にお電話(0495-22-6318)を頂ければ、ご案内いたします。なお、学校公開日には自由にご覧になれます。本年度は①6/11~15 ②10/22~27 ③1/28~2/1です。
 梅雨に入り、天候も不順になりますが、ご健康にご留意され、益々ご活躍ください。
                      本庄東中学校長 氏家 勉
12:34 | 投票する | 投票数(8)
2018/06/06

「箸よく盥水を回す」:校長室より

| by:本庄市立本庄東中学校
                     


   「箸よく盥水を回す」 ~全校朝会より

「この一本の箸で盥に入れた水を回すことはできますか?また、それはなぜですか?」生徒の皆さんに問いかけました。まずは個人で考えましょう。(…少し時間をおいて)それぞれ自分の考えを持ったら、周りの人と話し合ってみてください。90秒時間をとります。(90秒後)発表できる人?1年生の男子が一人、発表してくれました。「できると思います。理由は…だからです」「素晴らしいですね。全体の前で発表することはとても勇気のいることです。反対意見はありませんか?(手は上がらない…)では個人の意見を挙手で聞きます。できると思う人?できないと思う人?」(8:2程で、できると思う人が多い)「では実際にやった映像を見てください。…(映像・水だけだとわかりにくいので、赤い絵の具を途中から流し込みました)…できましたね!理由は、摩擦や慣性の法則だと思いますが、ここに、学校だよりでも紹介した鍵山秀三郎さんの文章があるので紹介します。」

「箸よく盥水を回す」意味は“小さな努力も、続けると大きな力になる。決して諦めてはいけない”という、教えです。もう少し詳しく説明します。盥水(かんすい)とは、たらいの中の水のこと。最初、箸1本で盥水を回しても箸しか回りません。ところが、その箸を根気よく熱心に回し続けていますと、周りの水が少しずつ回るようになります。さらに、あきらめずに回し続けますと、一段と輪が広がります。そして最後には、盥全部が大きな渦になって回るようになります。私はこの言葉を知った時、救われるような気持ちになり、感動しました。私の場合、箸どころか、つまようじを回すようなスタートでした。その努力のかいあって、45年後の今、大きな渦になってきました。同じように、盥に水一滴たらしても、見た目に何の変化もありません。しかし、一滴の水は確実に増えます。たとえ、増えたことを確認できなくても、私は努力してきました。盥がプールだったとしても同じ。根気のいる努力ではありましたが、自分の信念を固めるのにおおいに役立ちました。】(『人間を磨く言葉』より)

「学習も運動も自分から進んで行うこと。それを続けること。大切なのは答えがあっていたかどうかだけでなく、*自分なりの考えを持ったか*グループやペアで話し合えたか*話し合いでよりよい答えを導こうとしたか*自分の考えを発表しようとしたか…などです。本年度から、“考え、話し合い、学び合う学習を通して~進んで学び、自分の思いや考えを表現できる生徒”の育成を目指します。授業でもペアやグループ学習を多く取り入れようと考えていますので、積極的に学習してください。

 


11:43 | 投票する | 投票数(11)
2018/05/29

関根栄一先生「掲額式」:校長室より

| by:本庄市立本庄東中学校


  
 5月29日に関根栄一先生の「掲額式」が本校校長室にて、多く職員の参列の中挙行されました。関根先生のご経歴やご功績は数多く、短時間では紹介しきれませんでしたが、その一つ一つに多くの思いが込められていることは想像に堪えません。長いご経歴の最後の5年間を本校にて辣腕を振るわれ、見事に「地域が誇る本庄東中学校」をつくりあげていただきました。先日も県副教育長と多くの県職員が視察に訪れましたが、本校の「無言膝付き清掃」に感心していらっしゃいました。これも「第19代校長 関根栄一先生」のご功績と感謝申し上げます。
 関根先生の最後のご挨拶で、5年間の思いと謝辞が述べられましたが、その思いを引き継ぐとともに、東中をよりよくすることが、私たちにできる恩返しと存じます。(1年間は、写真が少し間をあけて掲額されます。これは、関根校長先生に敬意を表すためです。)
18:06 | 投票する | 投票数(10)
2018/05/28

「心はいつもバリアフリー」~記念講演会:校長室より

| by:本庄市立本庄東中学校
 5月26日(土)本庄市児玉のセルディにおいて「平成30年度 総検校塙保己一先生遺徳顕彰会記念講演会」が総会後に開催されました。県内にお勤めの新井淑則先生からの「心はいつもバリアフリー~共生社会をめざして~」と題したご講演でした。
 先生は県内で中学校国語教師となりますが、病気のために30代で視力のほとんどを失います。失意のどん底に落とされた先生でしたが、家族や周囲のサポートもあり、平成11年県立養護学校に復職され、平成20年には市立中学校へ復職されます。平成28年には「第10回塙保己一賞 特別賞」を受賞され、自身の体験や共生社会についての講演活動を続けています。
 ご講演から様々なことを学びました。「泣き暮らしていた家から外へ出て、白杖や点字などを学んでいくうちに自分が変わってきた」「できないことを数えるのではなく、できること・できるようになったことを数える」「人は一人一人違う。お互いの違いを認めて、お互いを思いやる気持ちを持ってほしい」「学校は社会の縮図。若いうちに障がいを持った人と接すれば、理解が早い」「私が特別に取り上げられない社会になってほしい」「ノーマライゼーション。誰もがいる社会が当たり前になってほしい」等々…。先生はテレビ番組でも紹介されたり、ドラマにもなっているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?ご講演には本校の先生やPTAの役員様も参加されていました。
 新井先生、感動的なご講演、ありがとうございました。
*ご本人の許可のもと、お名前と写真を掲載させていただきました。


*下の写真は「東中ソーラン」(本文との関係はございません)
12:08 | 投票する | 投票数(6)
123